Joanne Pascual (JOE)

Joe は幼い頃よりクラシックバレエ、ジャズ、フラメンコ、ヒップホップと様々なジャンルのダンスを経験。2006年からアメリカン・トライバル・スタイル (ATS)及びトライバル・フュージョン・スタイル・ベリーダンスを学び始め、フュージョングループRaqs Chandra や Harissaにて活動を開始する。現在はソロパフォーマー及びインストラクターとして東京を拠点に活動中。Joeは多様な音楽やダンススタイルを彼女 の豊富な文化的背景とミックスすることで、トライバルフュージョンベリーダンスに制限を作らないことに情熱を注いでいる。2009年ダンスプロダクション カンパニーDeseosを設立。毎年、東京国際ベリーダンス大会(TIBC) を開催し、ワークショップやショーを通じてあらゆるスタイルのダンサーたちが 集えるコミュニティー創りに貢献している。Joeは、Apsara, Erykah, Lyon, Michelle, Sara Sawati, Saemi, SwitchからなるDDC(デセオスダンスクルー)グループを2013年に結成。このダイナミックなグループは、才能豊かな様々なジャンルのダンサー達からなり、 フュージョンパフォーマンスには、正に理想的である。

Joeの踊りの特徴は、彼女のダンスの中で曲と感情が大きな役割を果たしているため選曲や曲の感じによっても動きが変わってくる。そのため彼女のダンスのスタイルはパフォーマンスごとに変化することも多い。Joeは“dance”とは常に革新、進化していくものだと信じ、これらのフュージョン(融合)のダンスは現在の世界中の文化、信念、アイデアの融合の反映であると言う。Joeは多様な音楽やダンススタイルを彼女の豊富な文化的背景とミックスすることでトライバルフュージョンベリーダンスに制限を作らないことに情熱を注いでいる。

2009年Joeはダンスに対する情熱を新しいレベルへと発展させる。 東京のダンスシーンの増大に注目しダンスプロダクションカンパニーDeseosを設立。ダンサーを国内外から招きワークショップやショーを通じてあらゆるスタイルのダンサーたちが集えるコミュニティー創りに貢献している。また年に一度開催される東京国際ベリーダンス大会(TIBC)の発起人でもある。これまでにSonia Ochoa, Samantha Emanuel, Bozenka, Mira Betz, Tamalyn Dallal, Leila of Cairo, Elizabeth Strong, Karim Nagi, Lulu Sabongi, Asharah, Ranya Renee, Anasma, Suraiya of Poland, Jill Parker, Kae Montgomerey, Ruby Beh, Steven Eggers, Joana Saahirah Of Cairo, Lamia Barbara, Violet Scrap, Giulio Dilemmi他多数のベリーダンス界のスターと呼ばれるアーティストを国際審査員として招いている。www.joetribalfusion.com

  • Facebook Social Icon
  • Instagram Social Icon
  • YouTube Social  Icon

© 2018 Deseos Productions.